ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ゲド戦記試写会

    category:日記

回り込み解除

火曜日に行ってきました!ゲド戦記試写会!
ゲド戦記
以下感想のようなモノです。(ようなモノ?)
ネタバレ要素を多分に含んでいますので、ご注意下さい。
もうね、人が多かったよ。
18時半開場で、その時にはもう人がかなり並んでいて。
最後尾が1階の外でした。(入り口は2階です)
そんで並んでいて思ったのですが、家族連れが結構居る、ということ。
ハガキ一枚で一人なのになんで?間違えてんじゃない?
とか思ってよく見ると、ちゃんと一人一枚持ってる!
え!?どんだけ幸運家族?って感じでした。
案外当たり易いのか…?
ウチの姉さんも母さんも当たらなかったぞ…。
そういえば、姉はと言いますと、どうやらジンギスカンが中止になった様で、
私も一緒に行くと、映画館まで一緒に来ていました。
「なんか他の映画でも観よるわ~」とか言いつつ、
最後まで「ハガキを寄越せ」と悪あがきしてました。

そんなこんなありつつ、一人で中に入ってぼけーっとしていたら、
何故か入れないはずの姉が目の前に。
「え?お前何しよん?」
と思わずデカイ声で言ってしまいましたよ。
話を聞きますと、何観ようかな~とぼけーっとしていたら見知らぬ男性が
「ハガキ余ってるんですけど、要りませんか?」
と言ってきたらしい。
それを本当に貰って中に入ってきた姉。
「いや~来て良かったわ~」
と嬉々と席につく姉。
…本当にアンタの運はどこから来てるんだ。
とまぁそんな感じで結局二人で観ることになりました。
そのハガキをくれた男性はまだ何枚かハガキを持っていたらしいので、
他にも姉のように観た人が居るかもしれませんね。
あ、そうそう、何も飲食物等を買わずに入った私たちだったのですが、
姉が喉が渇いたと言い出し、私は始まる前にジュース買いに行かされました。
それで本当にジュースだけ買って帰ると、
「なんでポテトとかポップコーンとか買ってこんのん?役立たずやね!」
とか言われ、「じゃあお前が買いに行けやー」と軽く喧嘩を始めるアホ2人。
そんな私たちにお隣の女性が
「あの、これ食べられないので、良かったらどうぞ」
とポテトをくれました。
…なんだろう今日、つきすぎてない?
普通は見ず知らずの人から貰った食べ物なんて口にすべきではないのでしょうが、
腹だけには自信があるので、(←少々の事じゃ下したりしません)
たとえ毒盛られていようが別に気にしない、とがっつり頂きました。(笑)
ありがとうございました、お隣の女性!

で、次は吾朗(呼び捨て?)と鈴木さんの挨拶。
いや~鈴木さん、面白かったわ~。
なんでもこっちに親戚の方が居るそうで、
(義理の兄だったかな?の実家がこっちらしい)
「○○さんの関係の方いますか~?」とか言ってました。
ジブリの皆さんは以前社員旅行でこっちに来たらしいですよ。
鈴木さん自身も何度も来たことがあるそうです。
なんだか深い縁が…?

さて、そろそろ本編の話をしましょうか。
ゴローさんがスマステで言ってましたが、確かに理屈っぽかった気がします。
大事な部分はほとんどが言葉で伝えられていて、
しかもその内容が難しかったので、あれ子供には分からないような気もします。
そういう難しい部分を除くと、派手さがあまりないので、
子供が楽しめるのはどっちかっていうとブレイブかなぁとも思いました。
騒ぐ小さな子も何人か居たようなので、つまらなかったんでしょうね。
簡潔に言うと、全体的にどうも薄い。
笑えるところも泣けるところも、私はありませんでした。
ジブリはどんなに重いテーマでも、
笑えるところも泣けるところも欲しいと思ってしまいます。
ジブリならそれが出来るんだけど…。

あと、分かり辛いところも結構ありました。
なんでアレンがあんなに不安を抱えるようになってしまったのか、とか。
王子という立場上いろいろ嫌な思いもしてきただろうし、
あの母親と折り合いが悪そうなのは想像も出来ますが、想像でしかない。
結局なんであんなに追い詰められたの?という気はします。
王様ともきっと何かあったのでしょうが、
それでも王様、というか父親を殺して剣を奪うというのはどうも。
あの王様はあんまり悪い人じゃなさそうだし、
アレンの事を気にかけてそうだったんですが。
ある程度型にはめようとしたり、
期待をかけられたりするのは王家なら当たり前だろうしなぁ。
それが重くなったとしても、父親殺すかな。
てか、あれ本当に父死んだの?
あの剣も、何かがありそうな剣でしたが、それについても何もなかったですね。
ただ魔法によって鍛えられている、というだけで。
うーん。
あとゲドとテナーの過去も一体何があったのか。
少しずつ話してましたが結局良く分からず。
ゲドとクモもね。
挙げれば限が無いほどあるんですが…。

また「名」に拘ってましたが、名前ってそんなに大事かな、とも思ったりします。
まぁ「まことの名」とやらは単なる名前とは違うんでしょうが。

最後はなんだかあっさり終わってしまいました。
てゆーか世界を救ったりはしないんですね。
結局なんで世界の均衡は崩れたのか。
あの世界はあのままなのか。
原作読んでない私がいけないんでしょうか。

声はといいますと、皆さん上手かったですよ。
岡田は始め違和感あったのですが。
顔が幼いのに、声が低くてびっくりしたんですよ。
あれはもうちょっと大人に描いても良かったような。
まぁ17歳は微妙だわな。
そんなこんなでまぁ途中で慣れました。
が、アレンが元気(?)になってからの声はちょっと違うなぁと思った。
最後の方「テルゥー!!」って叫ぶところが外人訛りに聞こえて笑っちゃったんだよ。
なんかキモかったんです。
うーん…。
菅原文太や香川さんはやっぱり上手かったなぁ。
田中さんもね。
テルーの唄を初めて聴いた時から思ってたけど、
テルーの子は、声がいいよね。
欲を言えばもう少し抑揚と迫力が欲しかったところだけど。
てかテルーの唄をあんなにがっつり歌うとは思わなかったよ。
あのシーンも微妙だったなぁ。
いきなり打ち解けてるからね、アレンとテルー。(笑)
ウチの姉さんがいつも以上にしっかりエンドロール見てるので、
どうしたのかなーと思っていると、
一応洋さんたちが居ないか見ていたそうです(笑)
居ねぇって。(笑)
でも安顕とか音尾さんとか本当に声が良いのでまた使って欲しいなぁ。
なぁジブリさんよ!(オイ)

画の雰囲気はやはりジブリなのですが、
どうもキャラクターが背景(風景)から浮いていた感がありました。
画コンテを吾朗が描いたとしてもスタッフはジブリなのになぁ。
うーん。なんでこんなに違和感があるのか。

あとコレを言うと元も子もないけど、
私はアシタカみたいな主人公が好きだ。(オーイ)

なんだかあまり良い事書いてないんですが…。
そんなに悪いって訳でもないんですよ。
やっぱり「ジブリ」って名前があるからなぁ。
いろんな雑誌で吾朗や鈴木さんのインタビューやらを読んでいると
結構好きなんですけどね、吾朗。
2作目をするかどうかはわからないけど、次あるなら、もっと頑張って欲しいです。

今日はなんか知らんが晩飯に起きたらハウルがかかってました。
見るのもが無い、と姉がかけてたみたいです。
あとテレビでもうすぐ放送するから、ウチで先行上映だ!とか言ってました。(←馬鹿)
ハウルは面白いですね。
あれは訳分かんないところも、それで良いと思えるし。

私の中でのジブリ映画のトップはやっぱりナウシカですかね。
次がもののけかラピュタ。
別枠でトトロと耳をすませば。(別枠?)
あああ見たいなぁーせいじ君。(笑)

あ、これ読むと観る気なくすかもしれませんが、
やっぱり人によって感想は違うと思いますので。
てかアホのいう事は忘れて下さいな。

長くなった…。
スポンサーサイト

テーマ:ゲド戦記
ジャンル:映画

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

何それーーッ!!
私もついて行けば良かったぁぁあああ!!!!
見たい!ゲド戦記見たい!
けどデスノ先に見なきゃ(まだなんか)。

今日はハウルだねー(ウキウキ
見終わったら発狂する私がサイトで暴れてるかも。

やねー。
来たら見れとったかも。

ハウル面白かったねぇ~。

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Welcome


現在の閲覧者数:

Profile

悠我

Author:悠我

Categories

Recent comments

Search

Archives

RSS

Links

Free area

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。