ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ブラジルGP

    category:F1

回り込み解除

やりたいことやらなきゃいけないこといっぱいあるんですが、
ちょっとF1について話していいですか。
私がF1を見始めたのはいつだったのか、もう具体的には覚えていません。
私は小学校の高学年辺りから生活リズムを乱し始め、夜更かしをするようになりました。
その辺からか、中1辺りからだと思います。
その頃はそこまでF1に興味は無く、ただ夜中にやっているからという理由で、
宿題やりながらとか、何かしながら見ていました。
その頃の記憶はあまりありませんが、
シューマッハという存在くらいは知っていたと思います。
ただ凄いな、とそう思っていました。

ただ「夜中にやっているから点けていた番組」だったF1。
それが、だんだんとその時している事の手を止める時間が長くなり、
いつの間にか見入っていて、CMの合間に本来の目的である作業をするようになりました。
思い出すとそれはいつも夏で、きっと夏休みの宿題をしながら見ていたんだと思います。
宿題をする為のBGMのように点けていたテレビのはずが、
宿題がF1の放送時間内に終わることはありませんでした。
手に汗握る程にF1に集中し、プリント類をグシャグシャにしたことも何度かあります。

いつの間にかF1を見るために起きているようになりました。
その頃には決勝だけでなく、予選から見るようにもなりました。
いつの間にそうなったのか、それは分かりませんが、
高校の頃にはサッカー雑誌と共にF1雑誌も立ち読みしていました。

シューマッハは兎に角強くて速い。
そんなイメージをずっと持っていました。
高校の頃から、私はライコネンが好きで優勝して欲しかった。
けれどその前にはいつも赤いマシンが居た。
それが悔しいな、と思いつつも、
シューマッハが前に居ることに、何か安心していた気もします。
モントーヤに優勝されるのなら、ミハエルの方がいい。
ミハエルでなければ、と思っていたような気がします。
ライコネンが前に居る時は、ただただ恐かった。
後ろから迫ってくる赤いマシン。
遠く離れていたはずが、どんどん距離を縮め、気付けばぴたりと背後に詰めている。
少しでもラインを間違えればあっさり抜かれてしまうプレッシャー。
ピットストップも完璧で無駄が無く、どんどん短くなるタイム。
鳥肌が立った。

あの凄まじい強さは、恐ろしかったけれど、それで良いとどこか納得していました。
ミハエル・シューマッハはそうでなくてはならない、そんな。

いつだったか、シューマッハがピットインした時。
給油している時に火が上った事がありました。
その時彼は、少しも動じず、前を向いて、チームクルーが消火するのを待っていた。
もしクルーがもっと消火に手間取っていれば、
大きな事故になっていたかもしれないのにも関わらず。
その時、
彼はそれ程の覚悟とチームへの信頼や自信でF1をやっているんだ、とそう感じました。

そんなシューマッハが、アロンソに負けた。
始めはアロンソ凄いなぁーなんて思っていたけれど、
だんだん勝てないシューマッハに泣きそうになった。
ああ世代交代なんだ、と。
それでもやっぱり負けて欲しくなくて、表彰台のてっぺんに立ってほしくて、
私はシューマッハの応援ばかりしていました。
まだまだ勝ち続けて欲しかった。

今期の開幕戦の感想で私が、
またライコネンとシューマッハの優勝争いが見たいと書いてますが、
それも叶いませんでしたね。
でも今日、シューマッハがライコネンを抜いた時。
これが見たかったんだ私は、と少し泣きました。
良いバトルだった。良い走りだった。

今回のブラジルGP。
これが最後なのにどうして!と何度も思う程、シューマッハはついてなかった。
予選でのマシントラブルで決勝は10番手スタート。
それでも素晴らしいスタートで順位を上げっていったシューマッハ。
しかし9周目に左リアタイヤがバースト。
再びコースに戻った時は最後尾でした。
そこからのシューマッハは凄まじい追い上げで、
途中何度かペースを落とす事もあったけれど、次々にオーバーテイクを決め、
最後にはライコネンを抜き、4位でレースを終えました。
最後まで攻め抜いたシューマッハ。
レース後、チームメイトのマッサに向けた最高の笑顔が印象的でした。
格好良かったです。
赤い皇帝
お疲れ様でした。ありがとう。


真面目に書き過ぎましたか。
記憶が全体的に曖昧なのでいろいろ間違っているかもしれません。
すみません。
さて、来シーズン。
ライコネンがフェラーリドライバーになります。
もうぶっちぎりで優勝して欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ:F1
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Welcome


現在の閲覧者数:

Profile

悠我

Author:悠我

Categories

Recent comments

Search

Archives

RSS

Links

Free area

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。